ジョブズは公表しませんでしたが...実はiOSを搭載していると判明したApple TVで広がる世界!(動画あり)

2010.10.12 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100901_atv.jpg


Apple TV対応のアプリも続々登場ですよ...

いやいや、驚きましたね。すでに正式発売された米国内市場におきまして、これまでの不評を一気に覆す大絶賛評価を集めているApple TVに、本当はジョブズが発表しなかった3つの秘密が隠されていることが突き止められちゃいましたよ! まだまだ格段に進化していくってことですかね。

世はGoogle TVの発売で盛り上がろうともしているようですけど、そんなものはアップルにとっては敵でもなんでもないのかもしれませんよ。だって、いざジョブズがゴーサインを出してアップデートをかけちゃえば、一瞬でApple TVにもiPad顔負けのアプリが次々と投入され、テレビでiOS三昧なんて日々がやってくるんですから〜

えっ、マジで? まだ日本では未発売の生まれ変わった新Apple TVへの期待が高まるばかりですが、ここで現在までに突き止められてしまった、知られざるApple TVの3つの秘密機能をまとめてチェックしておくことにいたしましょう。もう欲しくて欲しくてたまらなくなっちゃいますよ〜。
 

101007atv.jpg


秘密その1:iOSが搭載されていると判明!

どうしてジョブズは堂々と発表しなかったんでしょうかね?

そもそも当初の発表会場での質疑応答の際は否定気味の答えしか返ってこなかったのですが、どうやら本当にiPhoneでもiPod touchでもiPadでもない謎のiOSを搭載する新製品として、実はApple TVが登場していたことが判明しちゃいましたよ。アップル自らが、特別にApple TV向けに用意された「iOS 4.1」のビルドに関する情報を公表してきたんですよね。

これはつまるところ何を意味するのかと申しますと、まだ現時点ではアップルはApple TV向けのiOSに同機能を搭載していませんけど、いざジョブズさえその気になれば、多種多彩な対応アプリがApple TV向けに提供されるようになり、iTunesのApp Storeからダウンロードしてインストール可能な環境だって整っちゃうということです。まさにどんどんとアプリで進化していく夢の「iTV」の誕生ですね! 

いやもうボクらの夢と期待は膨らむばかりです。ジョブズさん、できるだけ早いアプリ対応をお願いしますよ。そして日本のユーザーのためにも、ことごとく進化したApple TVのジャパンでの早期発売をリクエストしておきますね〜


秘密その2:iOSなので脱獄すれば生まれ変わる!

きっとこれがあるので、ジョブズも恐れて公表したくなかったのかもしれませんね...

もちろんアップルからの正式なアプリ対応を待つこともできるんですけど、Apple TVにiOSが搭載されているのならば、サッサと脱獄(Jailbreak)して、勝手気ままにアプリケーションをインストールしちゃえばいいでしょうってことで、すでになんとかApple TVの新iOSをジェイルブレイクすべく、熱心な活動が進められていますよ。う〜ん、今回は本当に日本のユーザーは取り残されていっている感じもしないでもないですけどねぇ。

どうやらiPhone Dev Teamの発表によれば、最新モデルのiPod touchの脱獄にも成功した「Shatter」というツールがApple TVにも有効であることが確認済みで、今後はアップルが非公認の各種アプリをApple TVへダウンロードしていく道が開かれる可能性も高まっているみたいですよ。

手始めにApple TVを使ったテレビ会議ができるアプリケーションだとかが出てくるのかもしれませんね。あるいは、iPadに標準搭載されたプレイヤーからしか使えない「AirPlay」によるストリーミング機能を、他のサードパーティー製のプレイヤーからだって利用できちゃうのかもしれませんよ。要はテレビというシーンに限ったとしても、脱獄で実現するApple TVの新たなテレビ試聴スタイルが、ジョブズも予期しなかった大革命を引き起こす可能性だって否定できなくなっちゃったわけですよね。

とはいえ、iPhone Dev TeamのメンバーであるウィルさんがTwitter上で明らかにした情報ですと、どうやらApple TVに搭載されているのは、旧モデルのApple TVに搭載されていた独自仕様のOSとiOSをミックスさせたもののようです。だから、以前のApple TVで有効だった新機能を追加するプラグインが、新しいモデルのApple TVでも動作することが確認されたりしていますね。まだまだApple TVに搭載されているOSの解明は進行中で、今後のプロジェクトの進展からも目が離せません...


秘密その3:まだ見ぬ「Lowtide」なる隠れアプリを発見!

iOSのプログラマーとして、数々のアップルからの非公式情報を発信し続けている人物として有名なエリカさんからの情報なんですけど、どうやらApple TVには、メディアインターフェースを搭載する新ソフトウェア「Lowtide」が入っているみたいなんですね。そして、このLowtideは、今後のアップデートで同じくiOSを搭載する他のデバイスにも標準搭載されていく可能性が高いんだとか。



上の動画は、早速ですが、iOS 4.1を搭載したiPod touch上に強引にLowtideをロードしてしまった様子です。まだよほどの専門知識がなければ、こういう荒技はよしておいたほうがいいみたいですけど、どうやらLowtideでは、Apple TVのほうからメディアの共有を実現し、さっきまでApple TVで再生していた映画を、そのまま続きはiPadやiPhone上でも鑑賞できるようにしちゃうといった使い方まで可能になっちゃいますよ。つまり、これから追加されるAirPlayと全く反対方向のストリーミング機能が実現するというわけですね。なんだかiOSのデバイス同士で、どんどんと世界が広がっていきそうですよ〜


100901_atv2.jpg


いかがでしたでしょうか? ジョブズは正式発表の場におきまして、さらりと「ホビー感覚」で開発しちゃったデバイスだなんてApple TVのことを評してましたけど、今後の展開によっては、とてもじゃないけど趣味レベルの脇役の製品ではなく、いわば、iPhone、iPod touch、iPadとも肩を並べる第4弾のiOSシリーズの一角を占めて、メキメキとApple TVが台頭してくることだって十分にあり得る展開ですよね。

最後に、今回のApple TVの新モデルについて、Forrester Researchのアナリストであるジェームズさんのコメントを紹介しておきましょう。

Apple TVの新モデルは、まだ現時点では真のテレビ革命を起こせるほどの力を十分に発揮しているとは言い難い。ただし、これから徐々に進化を遂げる大きな可能性を秘めている。とりわけリビングルームに革命をもたらすAirPlayの機能には注目している。いわばiPhoneやiPadがテレビ視聴者のメインコントローラーとなり、Apple TVと接続したテレビで番組を視聴していくスタイルがユーザーを囲い込んで、大革命につながっていくこともあり得るだろう。

なんだかまだ実際に日本では手にできないのが歯がゆいばかりですが、アップデートで驚くべき進化を遂げていくのはiPhoneやiPadとも似ていて、非常に期待を起こさせる存在ですよね。思いっきり使いやすくなった時点で、激安価格で日本上陸...なんてApple TVの展開を楽しみに待ちたいと思いま〜す。


Brian X. Chen(原文/湯木進悟)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B0040ZO93K


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

B002BH09QU


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア