iPhone 4 はiPhone 3GSの約2倍割れやすい!?

iPhone 4 はiPhone 3GSの約2倍割れやすい!? 1

iPhone 4 の発売前には、飲み屋に落ちてたiPhone 4 の試作機がリークされ、その時にも前面・背面ともにガラス製のiPhone 4 は前世代のものより壊れやすそうだと指摘されていましたよね。

やっぱりと言えばなんですが、iPhone 4 のガラス破損の事故の割合はかなり多い、という調査結果が発表されました。

家電用補償サービスを提供する米SquareTradeは、「前世代のiPhone のガラスよりも今のアルミノケイ酸ガラスのほうが割れやすい」としています。

少なくても購入して4か月以内に前面・背面のいずれかのガラスを、3.9%のiPhone 4 ユーザーが破損している、との報告がありました。

ちなみにiPhone 3GSのガラス破損率は2.1%でした。iPhone 4は約2倍割れやすい、ということですね。

またこの調査よると、iPhone 4の破損報告の中でも最も多いのが、ガラス破損の82%で、前世代のiPhone の76%よりも上回っています。

 

iPhone 4 はiPhone 3GSの約2倍割れやすい!? 2

さらにSquareTradeは、「iPhone 4 は前世代のものよりも物理的ダメージがかなり多い傾向にある」と結論づけています。

「少なくても背面ガラスの破損のクレームが4分の1を占めます。

iPhone 4用ケースの無償配布に期待したのですが、多くの人々がiPhone 4 の背面を守るためにジャケットを被せているにも関わらず、破損が起こっているようです」とのこと。

iPhone 4 はiPhone 3GSの約2倍割れやすい!? 3

また、全体の破損事故における割合も増加しており、iPhone 4(4.7%)iPhone 3GS(2.8%)が約70%上回っている、という結果も出ています。

iPhone 4 で採用した美しい両面ガラスのデザインと引き換えに、壊れやすくなってしまったという事実をAppleは認めざる負えない時が来たのかもしれませんね...。

[SquareTrade via MacRumors]

Jesus Diaz(原文/mayumine)