新生MacBook Airはネットブックなんかじゃない! やっぱり買うべきなのはこんな人...

101021apple_air.jpg

アップルにとっても苦肉の策だった?

思えば、とうとうアップルもネットブックを出すのかって噂されてた時に発表されたのが「iPad」でしたよね。ちょっとしたネットサーフィン、YouTubeや動画の再生、軽くメールをやり取り、携帯性に優れて長時間駆動のバッテリー搭載、しかも価格は500ドル未満からと、まさにネットブックに人々が求めるものを全てそろえたのがiPadでした。これぞアップルが目指すウルトラポータブルコンピューティングの形...

そして、パワフルなものを求めるユーザーにはMac OS Xを搭載したMacBookを提供していくという美学がアップルにはあるはずで、じゃぁ、わざわざここで改めて「MacBook Air」を出さなきゃいけなかった理由って何なんでしょうか? 11.6インチのモデルなんて、iPadにキーボードつけたくらいでしかないんじゃ...

いえいえ、どうやら米GIZMODO編集チームが考えるに、iPadの倍する1000ドルの価格帯で、iOSではなくMac OS Xを搭載してる時点で、明らかにMacBook Airはネットブックとは違う位置づけなんでしょうね。というか、やっぱりiPadではダメな人向け。ネットブックレベルのコンテンツ閲覧中心系ではなく、フォトショで写真を加工したり、長いドキュメントを作成したり、スプレッドシートをガシガシと打ち込んだり、動画を編集したりと、クリエイティブなモバイル重視のユーザー向けには、このMacBook Airが必要だって判断から、大刷新してでもMacBook Airを存続させる方針が決定したんでしょう。

まぁ、さすがにiPadでキーボード入力は使いやすいとは言えませんし、ファイルだって扱う前提じゃないですからね。ということで、まだ買うか悩んでる人は、ファーストインプレッションでも参考にしながら、またまた悩んでみてくださいね~

湯木進悟(米版