ビデオカメラが捉えたアフリカの巨大砂嵐


以前、映画でこんな砂嵐を見たんですが、フィクションかと思ってたら本当に起こる現象だったとは!

ナショナル・ジオグラフィックのカメラマン、ボブ・プール氏が象の撮影にアフリカを訪れた時に遭遇した巨大な砂嵐の映像です。逃げるのではなく、カメラを回しながら砂嵐が過ぎ去るのをじっと待っていますが、砂嵐の中は数メートル先も全く見えない真っ赤な世界。プール氏も「まるで火星に来たみたいだ」と言っています。

それにしても出てきた頃には砂だらけになってそう。

[Neatorama]

Kyle VanHemert(原文/あんね)