あのタイガー・ウッズのナイスショット...がカメラ直撃の激レアショット!

あのタイガー・ウッズのナイスショット...がカメラ直撃の激レアショット! 1

一生に一度の最高ショットかも...

こちらは英国で開催されたゴルフのヨーロッパツアーとアメリカツアー代表選手による団体対抗戦「ライダー・カップ」での一コマなんですが、カメラマンが構えていたカメラを、あのタイガー・ウッズが放ったショットが直撃する寸前をとらえた貴重なフォトが公開されましたよ! ギャラリーの皆さんの瞬間の表情もいい感じですねぇ。

 

あのタイガー・ウッズのナイスショット...がカメラ直撃の激レアショット! 2

ちなみに見事な撮影ショットをおさめた英タブロイド紙「メール・オン・サンデー」のカメラマンのマークさんは、ゴルフボールが大ヒットしちゃったカメラの無事を確認すると、ありゃりゃ、ウッズが怒っちゃうよって空気を察してか、スタコラサッサと現場を退散していきましたよ。ウッズが不機嫌そうに見つめる手前の青いゼッケンの男性ですが、なんとなくコミカルな動きが微笑ましいですよね~

カメラ付きケータイの使用はゴルフ観戦では控えてほしいって願いは、タイガー・ウッズのみならず全プロゴルファーの気持ちだと思いますけど、今回の激レアショットの撮影に偶然にも成功してしまったマークさんは、堂々と写真を撮ってもいい立場で現場に居合わせ、そもそもマークさんの立ち位置には、ウッズ自身も同行のキャディーさんも異議を唱えてませんでしたから、これは本当に予期せぬ場所へ飛んで行っちゃって撮影されたショットなんだそうです。

ご参考までに、マークさんが使用していた機材はニコンの「D3S」で、24-70mmのレンズを装着し、シャッタースピードは1000分の1秒だったとのことですね。こういう瞬間を一度でいいからマイカメラにおさめてみたいなぁ。

[Daily Mail]

Rosa Golijan(原文/湯木進悟)