ついに実現したよ。永久人工心臓

ついに実現したよ。永久人工心臓 1

        

この間まで、人工心臓移植は一時的な救済でしかありませんでした。でも、先日イタリアの15歳の少年が世界初の永久人工心臓を無事に受け取ったんです。

彼は、筋肉がやせていく「デュシェンヌ型筋ジストロフィー」を患っていたため、生体心臓移植を受けることが出来ませんでした。そこで、ローマの医師が彼に永久人工心臓を装着することにしたんです。

医師は、長さ4センチの電気的に作動する油圧ポンプ「心臓」を彼の左室に挿入しました。彼の左耳の後ろにあるプラグと、ベルトに装着されたバッテリーは、彼の心臓を動かし、あと20年から25年の人生を彼にプレゼントしました。この手術がなければ絶対に手に入らなかったものです。

ちなみに、この写真は世界初の人工心臓1969年に患者が提供心臓を待つ64時間の間、彼の心臓として装着されたものだそうです。これを見ると、この41年間で医学界がかなり進歩したんだなぁって思いますよね。

ドナーが少なくても、これで新しい人生が開ける人が沢山いると思います。もっともっと技術が進歩して、沢山の人の笑顔がみれるようになるといいですよね。

[Telegraph and Daily Mail]

-Kyle VanHemert(原文/junjun )

 

※ご指摘ありがとうございます、記事修正しました!