脚ながっ!! 初期の恐竜はネコ並のサイズだったことが判明。

脚ながっ!! 初期の恐竜はネコ並のサイズだったことが判明。 1

初期の恐竜の仲間の復元図です。手とか脚とか凄く長いですね...僕には違和感ありまくりです。怖いです。でも、大きさはネコと同程度で4足歩行していたとのこと。あれ?もしかして可愛いかもしれないって気もしてきましたよ。

ポーランド2億5000万年前足跡が発見されて...

 

脚ながっ!! 初期の恐竜はネコ並のサイズだったことが判明。 2

分析したら...

脚ながっ!! 初期の恐竜はネコ並のサイズだったことが判明。 3

これです。

脚ながっ!! 初期の恐竜はネコ並のサイズだったことが判明。 4

この足跡からここまでわかるとは、凄いですね。

今回の発見のポイントとしては、このクリーチャーの不思議なビジュアルよりも、初期の恐竜の仲間は以前考えられていたより900万年ほど早く地球を歩いていたかもしれないとわかったことです。ペルム紀末の大絶滅のあとすぐに存在していたかも知れません。これによって、初期の恐竜史が大きく拡張されることになるかもしれませんね。

それにしてもこの復元されたクリーチャー、生きていた頃の色や声はどんなんだったんでしょうね?凄く気になります。

[ScienceDaily]

(鉄太郎)