どの言語とも似てない、ユニークな言語が新たに見つかった!

どの言語とも似てない、ユニークな言語が新たに見つかった! 1

        

この地球上では、2週間毎に1言語が消滅しているそうです。

そして、6000以上あると言われている言語も、このままだと2100年には半分になってしまうそうです。かなりの早いペースで言語と共に文化が消えているのは、なんだか悲しいものがありますよね。

そんな中、Koroという新しい言語が発見されたんです! Koro語は、ヒマラヤ山麓付近にある住民約800人という小さなコミュニティで使われている言語。ちなみに、そこではKoro語以外の言語もつかわれているのにコミュニケーションがとれているという不思議もあるそうです。

そんな、Koro語の発見は言語学者たちにとって、計り知れない重要性を意味しているんです。なぜなら、Koro語は響きも構造も地球のどの言語にも似ていないから。科学者達に新しい概念を持った人達と情報をやりとりする機会を与えてくれるんです。

Koroを喋る人は、生活の中から自然界の知識を独自に暗号化し、言語を創りだしたといえるでしょう。とKoroを発見した言語学者の一人Dr.Gregory Andersonはコメントしているそうです。

私達が聞いたことのないような、どの言葉とも似てない言語、どんな響きなのか聞いてみたいですね。

[WSJ]

Sam Biddle(原文/junjun )