メジャーリーグのバッターがフルスイングしたバットが飛んできたら...!

メジャーリーグのバッターがフルスイングしたバットが飛んできたら...! 1

頭を直撃しなくてよかったよかった...

タイガー・ウッズの放ったスーパーショットがカメラマンを直撃した時は大した被害もなかったようですけど、バットが猛スピードで飛んできちゃったんじゃどうしようもありませんよね。でも、ウソのようなホントの話で、アメリカンリーグ・チャンピオンシップ・シリーズ第4戦のヤンキースタジアムにて、ヤンキースのブレット・ガードナー選手が振ったバットが折れてしまい、そのままブーメランのように宙を舞ったかと思うとカメラマンのスティーブさんのもとへ一直線!

1997年に野球中継の収録の仕事に入って以来、これまで何千試合もの中継でビデオカメラを回してきましたけど、こんなことは生まれて初めてでした。最初は夢中で試合を撮り続けていたので、急にレンズが曇って何が起きたのか全く分からなかったのですが、いま振り返ってみてもゾッとしますね。

そう語ったスティーブさんですが、どうやら派手に割れたのは高価なビデオカメラに装着されているレンズではなく、その前にプロテクトケースとしてはめられたフィルターだったとのことで、この試合でもフィルターを交換して続きの中継の撮影が問題なく行なわれたそうですよ。自らスーパーショットを撮ろうと何度も足を運ぶ人もいれば、偶然、目の前にスーパーな瞬間が飛び込んでくる人もいたり、本当に人生いろいろですよね〜

MLB

Rosa Golijan(原文/湯木進悟)