米大陸間弾道ミサイルの9分の1が一時統制不能に

米大陸間弾道ミサイルの9分の1が一時統制不能に 1

「米空軍の保有する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の9分の1が土曜、指揮・統制不能になった」―26日(現地)朝になってバラク・オバマ大統領の元にこんな報告が上がりました。

政府高官は「23日午前のたった約1時間のことだった」と強調してますけど、一時的でもオオゴトじゃ...。本件について月曜説明を行った軍高官も、これだけ大規模な問題は前代未聞だと話してます。

「一度に5、6基か7基なら対処もできる。が、ICBM50基の指揮・統制・機能を完全に失うなんて事態はこれまで一度も起きた試しがない」(The Atlantic

米空軍は国民を危険に晒すようなことは何もなかったと宣言し、軍高官も「大統領の[核兵器使用]能力が減じる事態は一瞬たりとも起こらなかった」と話していますが、ICBM兵器の9分の1(11%)がオフラインになればそれだけ大統領の米核兵器制御能力は減るんじゃ...って気もしますよね。ま、200基も300基もジャンジャン打ち上げるわけないにしても。

 

米大陸間弾道ミサイルの9分の1が一時統制不能に 2
どうやらICBM中隊が「LF Down(Launch Facilities Down:発射装置ダウン)になり、誰もミサイルと通信が取れず、安全対策システム(侵入・弾頭分離を知らせるアラーム)もオフラインになってしまっていたみたいですね。これで「国民を危険に晒す事態にはならなかった」(米空軍)なんて、言ってることが矛盾してるんじゃ...権限ない人がミサイルにアクセスできる、その可能性があるなら、基地がいくら緊急体制敷いてもね。不測の事態に陥る可能性は限りなくゼロに近いけど、ゼロじゃないわけだし...。

ペンタゴン(国防総省)の話によると、原因はケーブル敷設上の欠陥とのこと。12年前にも似たような問題がノースダコタ州とモンタナ州のミサイル基地で起こってますから、これが初めてじゃないですけどね。

1970年代のミサイル

問題のICBM「ミニットマンIII(LGM-30G)」は、第90ミサイル航空団司令部の置かれているワイオミング州F.E.ワーレン空軍基地にあるものです。配備開始は1970年。アメリカ核攻撃備蓄の主力武器ですね。重量7万8000ポンド(3万5380kg)のICBMは時速1万5000マイル(2万4140km)で世界中どこでも飛んでいって、攻撃目標に最大335キロトンの核弾頭3基を投下することができます。

現有ミニットマンIIIは、ワイオミングとノースダコタ(マイノット空軍基地、第91ミサイル航空団)、モンタナ(マルムストローム空軍基地、第341ミサイル航空団)合わせて計450基。空軍ではこれを2040年まで現役で使う計画で、最初に配備して以降も既に新機能の改良(新誘導システムなど)を図ってきています。無事務め上げてくれるといいんですが。

土曜と言えばNYTが「Changeはどうした」とオバマ政権を酷評し、首都ではアンチ・オバマ集会なんてのもありましたっけ...。どっちみち今のオバマさんは中間選挙のことで頭がいっぱいかな...。

[The Atlantic]関連:CNN日本版

Jesus Diaz(原文/satomi)