ちょっとハロウィンには早すぎた!? 怪しい衣装で御用!(動画あり)

ちょっとハロウィンには早すぎた!? 怪しい衣装で御用!(動画あり) 1

      

これは、Gregory Liascosさん35歳の哀れなお話です。

Liascosさんが着ているのは、スナイパーGhillie戦士スーツ。先日、彼はこのスーツを着て博物館の前に寝っ転がっていたら、博物館に泥坊に入ろうと準備していたにちがいない!ということで警察に職務質問され逮捕されてしまったんです。

そこで、Liascosさんが警察に伝えた釈明は・・・「これは、ただのハロウィンのコスチュームだよ。今日はついてないよ」と・・・。この時期じゃないと使えない言い訳をしたものの、あやしさ120%で警察も見逃してくれませんでした。

ちなみに、この姿からアメコミの悪役みたいな「moss man」とあだ名がつけられたLiascosさん、普段はこんな姿をしています。

Liascosさんは法廷出頭日、インタビューしたレポーターに、あの日は不思議なぐらい厄日だったよ・・・。彼が自分の子供からもらったハロウィンのコスチュームを身につけてただけだし、近くに来た警察への恐怖心から芝生のところに寝っ転がっていたら勘違いされて捕まっちゃったんだから。なんて言ってますけど、なんでRice Northwest Museum of Rocks and Mineralsの前にある芝生のところに寝っころがったのか?なんでバックパックを持ってきたのか?なぜ?数日前に博物館のトイレに穴をあけていたのか?本当に彼の子供からのプレゼントなのか?パパがモッサモッサのスナイパーコスチュームを着せたいなんて思わないような・・・。などなど、いろいろと腑に落ちないところがありますよねぇ。

どうせならハロウィン当日のほうが怪しまれなかったような・・・。それにしても、この博物館、どんなお宝が眠ってるんでしょう?気になりません?

-Sam Biddle(原文/junjun )