我々はWindows Phone 7と心中する覚悟だ! マイクロソフト、CEO自らがボーナスカットで背水の陣...

我々はWindows Phone 7と心中する覚悟だ! マイクロソフト、CEO自らがボーナスカットで背水の陣... 1

もう1度、どうか咆えさせてくれ!

iPadなんぞ何ら敵ではないと斬って捨て、常に辛口でオレオレ路線を突き進むなんて評判まであるマイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOが、自らボーナスを50%カットして責任を取り、今度こそは本腰で「Windows Phone 7」の立ち上げに挑んでくる勢いですよ。いよいよ来週にも全容が明らかにされると噂のWindows Phone 7が、がぜん楽しみになってきましたね。

マイクロソフトの会計年度は7月にスタートして6月に年度末を迎えるんですけど、ちょうど今夏に締めとなった2010年度と言えば、なかなか好調なスタートを切った「Windows 7」のリリースなんかもあったにもかかわらず、バルマーCEOに支給されたボーナス総額は67万ドルと、予定の半分以下に終わったそうです。まぁ、それでも十分にボクらが単純に想像できるボーナスの金額を超えてますけどね~

なんでも同社の説明では、iPhoneも顔負けのソーシャル携帯電話として大ヒットさせるはずだった「KIN」に巨額の資金を投入し過ぎてコケてしまった失敗が響き、とてもじゃないけどボーナス全額を支払うことなんてできないんだとか。iPadの背中も見えない現在、これは当然の処置だって厳しい声が社内外から沸き起こってもいるみたいですよ...

他のマイクロソフトの重役も一律で大幅な昇給が見送られ、ストックオプションなんかも今では廃止された状況下で、今年度こそは絶対にWindows Phone 7でモバイル分野でもアップルをギャフンと言わせる成功を収めてやるぜって全社一丸で決意表明してるらしいです。はてさて、いよいよ登場するWindows Phone 7のお手並み拝見ですね。

[Reuters]

Kat Hannaford(原文/湯木進悟)