[宙博2010]ニュートリノで狙い撃つ! 萌えと宇宙のヒミツに迫る物理特集 #sorahaku

[宙博2010]ニュートリノで狙い撃つ! 萌えと宇宙のヒミツに迫る物理特集 #sorahaku 1

スーパーカミオカンデロックオン

岐阜県神岡町にあるニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」。これは宇宙からやってくるニュートリノを観測できるのですが、物理学者にとっては「どこの馬の骨ともしれないニュートリノなんてキモイ」存在だそう。そこで今回登場するのが茨城県東海村の大強度陽子加速器施設「J-PARC」。人工的にニュートリノを生成、295km離れたスーパーカミオカンデにニュートリノを打ち込むんですって。

 

[宙博2010]ニュートリノで狙い撃つ! 萌えと宇宙のヒミツに迫る物理特集 #sorahaku 2

ニュートリノは標準理論では質量ゼロ、しかし実際には微量であるが質量があると言われておりそれを計測するためのニュートリノ振動実験です。このへんは非常~に難しいので、分かりやすく説明してくれるマンガをご紹介。

[宙博2010]ニュートリノで狙い撃つ! 萌えと宇宙のヒミツに迫る物理特集 #sorahaku 3

宇宙と加速器のヒミツにせまる物理コメディカソクキッズです。全3巻で非常にわかりやすくまとまっていますが、それなりに高度。絵だけでも楽しみたいですね。

この実験施設は冬場が本番で、夏場は休業。というのも電力を非常に使う施設なので、エアコンを使うハイシーズンは電力を使えないため。

[宙博2010]ニュートリノで狙い撃つ! 萌えと宇宙のヒミツに迫る物理特集 #sorahaku 4

そしてよくみると不思議な形をしています。加速器でグルグルと陽子を回してピヨーンと放出するのですが、法線方向ではなくグググと超電導電磁石で軌道をまげています。これは立地の制約から。また敷地内には「神の通り道」があり、1年に1回のお祭り以外は聖域として立ち入り禁止。そのため管理棟から実験棟までいくのにわざわざ遠回りしなければならないなど、なかなか大変そうです。

施設が東海村に出来たのも政治的理由から。宇宙のヒミツに迫る実験施設ですが、宇宙のヒミツ以上に日本社会のヒミツの方が深い、ということでしょうか。萌え文化といい、日本にはヒミツがいっぱいです。

101029_DSC_5440101029_DSC_5441101029_DSC_5442101029_DSC_5444101029_DSC_5451101029_DSC_5452101029_DSC_5453

宙博(そらはく)2010カソクキッズ

(野間恒毅)