アマゾンが次に狙うAndroidアプリストアから透ける野望とは? あの「Kindle」にAndroid搭載の新モデルも...

アマゾンが次に狙うAndroidアプリストアから透ける野望とは? あの「Kindle」にAndroid搭載の新モデルも... 1

かなり自信があるから進出してくるんでしょうし...

DRMフリーの楽曲がウハウハと手に入る「Amazon MP3ダウンロード」の新オープンが話題ですけど、その次に狙われているのは、グーグルの「Android Market」とは別路線を走る独自のAndroid対応アプリケーションが並んだオンラインストアみたいですよ。でも、わざわざアマゾンがAndroid向けにイチから立ち上げるアプリマーケットの狙いって何なんでしょうか?

まず大きく噂されているのは、Androidを搭載してググンとパワーアップする「Kindle」新モデルの発売ですね。すでにアマゾンは、ハードウェア開発に特化した人材採用を大量に進め、Kindleの次期バージョンの開発に入っているようですから、実はAndroid版で魅力のKindleが誕生しますってニュースが流れても、そんなに驚くには当たりません。そして、そのKindleからはアマゾン独自のAndroidアプリマーケットにガシガシとアクセスしまくって、いろんな楽しいアプリケーションでカスタマイズが可能ってシナリオが現実のものとなる可能性は十分にあるでしょうね。

アマゾンの自信のほどが伺えるのは、Androidの開発者が対応アプリケーションを同社の新オープンストアで販売できるようにするために、グーグルよりも高額のディベロッパープログラムへの参加料金を課すことに表われそうです。おまけにアップルの「App Store」ほどではないにしても、一定のアプリ審査基準を明示して、マーケットに並ぶアプリケーションのクオリティーを高く維持する戦略まで打ち出されているみたいですよ。まぁ、自由過ぎるAndroidでは良アプリを探しづらい...なんて悩みが解消される第一歩にもなるかもしれませんけど~

ただ、ここに来て問題視されているのは、この新バージョンのKindleも、対応するAndroidアプリのオンラインストアーも、当初は米国内でしか提供されないんじゃないかなっていう噂です。そもそもKindleの初代モデルや対応書籍の販売も、長らく米国内でしか正規には利用できませんでしたからね。アマゾンさん、そんなこと言わずに、日本でも早めに魅力のAndroidアプリマーケットをドドンとオープンしてくださいよ!

Kat Hannaford(米版/湯木進悟)