感泣! 10歳の誕生日おめでとうASIMO! HONDAの2足歩行ロボット開発の全歴史を振り返る

101102asimo1.jpg

2000年10月31日、HONDAの研究所内で、あのヒト型ロボが初の2足歩行に成功しました。そう、「ASIMOアシモ)」誕生の瞬間です。

ということで、先月ASIMOは10周年を迎えたのですが、HONDAの2足歩行ロボの開発は1986年の「E0」に始まり、現在のASIMOに到るまで20年以上の長い歴史があります。今回はそれを振り返ってみましょう。

かなり胸が熱くなりますよ!!

 

-1986年-

2足歩行の原理を探る。

「E0」

101102asimo4.jpg

E0は歩行の原理を明らかにすることを目的として開発されました。普段私たちは何気なく歩いたり走ったりしていますが、この動きをロボットにさせることは非常に難しいことなのです。E0は「静歩行」と呼ばれる、重心の位置が変わらない歩行をしていて、1歩進むために5秒も要しました。

 

-1987~1991年-

動歩行の実現。

101102asimo3.jpg

「E1」

「E2」

平面ですが、初めて時速1.2km/hの「動歩行」に成功しました。

動歩行とは、脚の移動と同時に全体の重心も移動させながら歩く場合のことを言います。人間も普段、動歩行をしています。

「E3」

おぉ! E3になるとだいぶスタスタ歩けてますね!

動歩行を実現するために、人間や動物の歩行の研究・解析が徹底的に行われ、2足歩行に必要な関節の配置や動きが調べられました。また、人間の歩行データをロボットに移植する実験なども行われたそうです。

 

-1991~1993年-

歩行の安定化。

101102asimo5.jpg

「E4」

「E5」

101102asimo8.jpg

E5で初めて階段や斜面での安定した2足歩行の実現に成功しました。

「E6」

ここまでの研究によって、とうとう2足歩行の基本機能が完成したのです! 

 

-1993~1997年-

いよいよ完全な自立歩行ロボへ!

101102asimo6.jpg

「P1」

上半身の付いた人間型ロボ1号機。全高1915mm、重量175kg。制御用のコンピュータは内蔵されておらず、外置きでした。

「P2」

1996年12月に発表された世界初の人間型自律2足歩行ロボットです。全高1820mm、重量210kg。胴体部にコンピュータやバッテリーなど、必要な機器が全て内蔵されておりワイヤレス。自在な歩行、階段の昇降、台車を押すなどの自動動作を実現しました。

だんだんASIMOっぽくなってきましたね。

そしてとうとう...

「P3」

完全自律人間型2足歩行ロボの誕生です。全高1600mm、重量130kg。部品材質の見直しなど、小型化・軽量化を実現しました。まだ「ASIMO」ではありませんが、ここへ来てようやく人の生活空間に無理なく入ってこれるサイズにまで到達したのです。長かった...感動です。

「P4」

101102asimo7.jpg

ASIMOに繋がるP3改良型試作機です。全高1600mm 重量80kg。P3よりも運動機能が向上しています。

さぁ! そして...いよいよ彼が登場します!!

 

-2000~2010年-

「ASIMO」

涙がでましたよ僕は。

HONDAのエンジニアの方々に敬礼です。E0の頃から振り返ると改めて凄さがわかります。よくぞここまで洗練されたものですよね。凄すぎる...。動き回るための適切なサイズや重量、操作性が実現され、人にとってより身近に感じられるデザインとなりました。

その後もASIMOはさらに進化を続け、現在のモデルに至ります。今ではASIMOどうしでのチームプレーだとか、より知的なふるまいも可能になりました。

「ASIMO」という名前の意味は「Advanced Step in Innovative Mobility(新しい時代へ進化した革新的モビリティ)」です。ASIMOの進化はまだまだ止まりません。人間型ロボットが実生活の中へ溶けこんで、人間と共存する時代が来るのはもう少し先の話かもしれませんが、そんな日がきっと来るだろうと僕は本気で信じています。このASIMOの進化を見れば不思議なことではありません。

そんな期待を抱かせてくれるASIMO、これからも応援しています! 

ASIMO、誕生日おめでとうっ!

Hondaロボット開発の歴史[Honda]

ロボット開発の歴史[ツインリンクもてぎ] 

History[Honda Worldwide]

幻の ASIMO 開発機「P4」を展示! - ロボットファンは要注目の幻の機体P4。かつてはP3改良型試作機と呼ばれた、ASIMO発表直前の機体 [レスポンス自動車ニュース(Response.jp)]

(鉄太郎)