Facebookメールきた! メールもテキストもチャットもひとつの場所で(動画あり)

Facebookメールきた! メールもテキストもチャットもひとつの場所で(動画あり) 1

さー、@facebook.comのメアド取らなくちゃ。

噂のFacebookメールが今朝発表になりましたね、その名も「Facebook Messages」。

「メールじゃないけど、メールの代わりにはなるかも」と、マーク・ザッカーバーグCEOは言ってますけど、こりゃGmailもウカウカしてられないかも!

あらゆるピンをひとつの場所に

Facebook Messagesと普通のメールとの違いは何か? まずFacebook Messagesはメールだけじゃなく、メールとFacebookユーザー間メッセージ、SMS、各種チャット専用クライアントをひとつにまとめたもので、最終的にはVoIPまで入る可能性もあります。

チャットはここ、テキストはあっち...とやるんじゃなく、誰かとやり取りするたびに、その通信内容が1本の情報ストリームに組み込まれていくんですね。

で、こうしたやり取りは全部、自分の@facebook.comのメールアドレスに集めることができる、というわけ。

と言っても、どうしても集めなきゃならないんじゃなく、自分で選べます。例えば自分が選べば、Gmailのメッセージもそこにリダイレクトできるし、あとは...そう、Facebook Messagesが導入できるiPhoneアプリのアップデートも近日公開になりますよ。

一般のメールと際立って違うのは、見出しの行がないこと、CCやBCCもないこと、Enterキー押すだけで送信できること。チャットみたいなノリですね。「みたい」というか、チャットそのものです、いろんな意味で。

 

スレッドもある

スレッドのソリューションももちろん装備。誰かとやり取りすると、あらゆる種類の連絡先が1箇所に保存されていきます。そこに寄れば連絡は全部済んじゃって、やり取りの全容も一望できる。そんなワンストップのカンバセーション・ショップですねー。

Facebookメールきた! メールもテキストもチャットもひとつの場所で(動画あり) 2

友だち限定メール箱「Social Inbox」!

さらに「Social Inbox」なる新兵器も装備しました。これは個人のメッセージをソートし、友だちから入るメモ(notes)に優先順位を付け、そんな近しくない人は入ってこないようにできるメール箱。

これはキラー機能ですよ、うん。

デフォルトでは、友だち(と友だちの友だち)から入るメッセージしか見れないんですね。で、ジャンク(つまりFacebook仲間以外の人から来るメール)は別のフォルダにたまってくんです。相手によってはフォルダ間の移動も可能(身内にFacebook使ってない家族がいる人なんかは便利ですね)。あと、友だち以外の人からくるメールは送信エラーにしてバウンスもできちゃうんですよ。ひ~。

GmailのPriority Inboxは好きだけど、ここまでフィルタリングは効率良くできないからなぁ...。Facebookがアクセスできる「ソーシャルグラフ」の強みが、こういうところにいかんなく発揮されてますし、これがみなさん真剣に利用を考えるポイントでしょう!

なぜ注目なのか?

発表ではザッカーバーグCEO、Gmailキラーじゃないと言い張ってるのが印象的でしたね。少なくとも当面は彼の言う通りでしょう。が、Facebookが見据えているのは現在じゃなく未来。その未来を担う世代の子たちの間ではますますメール離れが進み、瞬時に連絡し合える通信手段が主役になってます。みんながメール捨ててテキストやチャット頼みになればなるほど、Facebookはますますコミュニケーションのハブになっていくんじゃないでしょうか。

Facebookブログによると導入は招待オンリーで、今後数ヶ月かけて徐々に招待数を増やしていくそうです。Facebook Messagesのページで招待リクエストもできますよ~。

Brian Barrett(原文/satomi)