美しき地球のような惑星を、ついにあと半年で太陽系外に発見です!

美しき地球のような惑星を、ついにあと半年で太陽系外に発見です! 1

あなたはこれを信じますか?

いやいや、まったくもって凡人は理解に苦しむ計算式のようですが、どうやら複数の科学者が、非常に複雑極まる計算の果てに、ついに地球のような人間が居住可能な惑星が2011年5月初旬までに発見される公算が非常に高いとの説を発表したみたいですよ。

これまでに発見された太陽系外惑星のうち、地球に限りなく近い環境であればあるほど「1」に近い数字を、逆に地球とは程遠い不毛の惑星であればあるほど「0」に近い数字を割り当てて、その発見の割合を計算して求めていくうちに、このあと半年以内の発見を示すデータが算出されたと、権威ある「PLoS ONE」に掲載された論文「A Scientometric Prediction of the Discovery of the First Potentially Habitable Planet with a Mass Similar to Earth」が明らかにしています。たとえこの予測通りには早期の発見が難しくても、2013年末までに地球そっくりの環境を備える惑星が発見される確率も75%ほど残っているらしいですね。

もしやこのように青く美しき地球のような星を、とうとう他にも宇宙空間で観測できるようになるということでしょうか? ホーキング博士も心配していた地球滅亡までに発見が間に合うのかもしれませんよ~

Arbesman.net via Kottke

Casey Chan(米版/湯木進悟)