誕生以来の大革命! 回るエスカレーターが実用化へ...(動画)

これからのスタンダードになる可能性も...

1897年に発明されて以来の大刷新とも評される新設計のエスカレーター「Levytator」は、直線コースのみならず、右に左に曲がりくねったルートでも、なんともスムーズに回って動いていく新発想で、美しい建築デザインに取り入れられていきそうですよ。行きも帰りも、あるいは上りも下りも1基で設置が完了する仕組みのため、コストパフォーマンスに優れたモデルともなるみたいですね。その上、メンテナンスもこれまでの通常のエスカレーターより簡単なんですって。

なんかいいとこ尽くめな感じのLevytatorを発明したシティー大学ロンドン(City University London)のジャック機械工学名誉教授は、すでに複数のメーカーと交渉中で、空港やショッピングモール、テーマパークの動く歩道から実用化される見込みなんだとか。手すりの設置には工夫が求められそうですけど、これはナイスアイディアですよね!

ちなみに、こちらのLevytatorは、アメリカ、欧州、アジアの諸国で特許申請済みの技術となっており、勝手に真似して作っちゃったらダメなようですよ~

City University London via Wired

Casey Chan(米版/湯木進悟)