こんなんで飛べるの!? 防衛省、偵察用の新型無人航空機「球形飛行物体」を製作。

こんなんで飛べるの!? 防衛省、偵察用の新型無人航空機「球形飛行物体」を製作。 1

防衛省技術研究本部先進技術推進センターの佐藤文幸氏が球形飛行物体を開発しました。こんな形でも飛べるんですね。面白いです。

材料にはカーボンやスチレン、ペットボトルなど市販の物が利用されており、製作費約11万円でハンドメイドしたとのこと。直径42cm、重量35gのボディに、飛行機として必要な要素が収めてあります。...なんか色々と凄い。

プロペラとモータ、空気の流れを整えるダクト翼、8枚の舵面によって構成されていて、可能な空中停止時間は8分、最高速度は毎時60kmとのこと。市街地や森林での低空飛行や地上回転移動も出来ます。

遠隔操作による様々な場所での飛行や離着陸、空中停止を行えるだけでなく、壁へ張り付くことも可能なので、カメラなどを搭載することによって、高所長期監視窓越しの偵察に使うそうです。ふと窓の外を見たらこれが音を立てずに浮かんでいたりとかしたら怖いですね。音を立てずに飛べるかはわかりませんが。

これはまだプロトタイプで、防衛装備品としての開発スケジュールは未定とのことです。個人的にはAR.Droneのような、おもちゃとして利用してみたいです。

防衛省、様々な場所に離着陸する球形飛行物体を開発、壁に張り付いて窓越しに偵察[ロボナブル]

防衛省、球形飛行物体開発-壁に張り付き窓越しに偵察!? [日刊工業新聞]

(鉄太郎)