レアメタルだけでなく、レアアースまでもか! 人気沸騰中のミクロなアイツの正体は... 

レアメタルだけでなく、レアアースまでもか! 人気沸騰中のミクロなアイツの正体は...  1

ミクロなアイツの正体は...微生物です!

少し前にギズでもレアメタルの回収に微生物とカプセルを使う方法を紹介しましたが、今度はレアアース(希少土類)の回収でも利用できそうなことが分かったそうです。

広島大の高橋嘉夫教授らの研究グループの発表によると、レアアースの分離や回収に大腸菌や桿菌など6種類の微生物を利用することで以下のような働きと効果があることを発見したそうです。

・レアアースが溶けた液に微生物を入れると、細胞壁にある「リン酸基」にレアアースが集まって濃縮されること

・15種類のレアアースで試したところ、濃縮率が1万倍以上だったこと

・ルテチウム、ツリウム、イッテルビウムは濃縮率が10万倍超だったこと

・通常の金属イオンの回収方法(陽イオン交換樹脂)と比べ、濃縮効率が10倍から100倍向上していること

・レアアースを濃縮した微生物を酸にさらせば、レアアースが回収できること

・濃縮率の違いを利用すれば、複数のレアアースが混在した溶液から特定のレアアースだけを分離、回収することも可能なこと

特にルテチウム、ツリウムは非常に高価なレアアースだそうで、これらが効率的に回収できるようになれば、経済効果が大きそうですね。

また、現在のレアアースの分離や回収には高額な試薬や強い酸試薬を使う必要があるそうです。そのため、この方法が実用化されると、コストが安くなるだけでなく環境にもやさしい回収方法になるようです。

レアアースは、レアメタルと同様にガジェット類にも不可欠な資源なので、今回の発見が安定供給に繋がるといいですね!

それにしても、ここ最近の活躍が目覚しい微生物さん達、次はどんな話題を我々に提供してくれるのでしょうかねぇ。

レアアースに極小救世主? 微生物で濃縮、広大など発見 [asahi.com]

微生物でレアアースの回収が可能に-バクテリアがレアアースを濃縮する現象を発見 [Spring-8]

Photo by dullhunk

(KENTA)