電子レンジのマイクロ波がバッチバチに見える(動画)

おお~光ってる!

電子レンジ(英:マイクロウェーブ)が食べ物温めるとき使うのは魔法じゃなく、マイクロウェーブ(マイクロ波)ですが、この動画ではその目に見えないマイクロ波を視覚化してみました。

用意したのは、小さなネオンランプを格子状に並べたアクリル板。Zeke Kossoverさんの解説によると、これを中に入れてチンするとこんな風なことが起こるんだそうですよ?

マイクロ波は目に見えないので、マイクロウェーブ・オーブンの中にあるマイクロ波も目で見ることはできません。ですが、その存在はネオンのランプで検出できるんですよ。マイクロウェーブから出る電磁場の変化で荷電粒子が動き、金属の脚部にある電子が動きながら電流を生むんですね。で、この電流でランプが光るんです。

 へ~。こうして目で眺めてるとすごくよく分かるんですけど、マイクロ波って均等に広がらないんですね。他より沢山マイクロ波を吸収するスポットもあるし、他より少ないスポットも...ある。どうりで温めムラが出るわけだ!

[Hands On Science via MAKE]

Casey Chan(原文/satomi)