米運輸保安局「スキャン画像保存とか絶対無理!」

米運輸保安局「スキャン画像保存とか絶対無理!」 1

米空港でのセキュリティのためのスキャン画像。真っ裸で丸見えだと話題になり続けておりますが。

フロリダ州オーランド連邦裁判所でセキュリティのためにスキャンされた100人の裸写真がリークして大騒ぎに。ということは米運輸保安局(TSA)が管理する米空港のセキュリティチェックでも同じようなことが起きるのでは?と不安ですよね。ところがTSAが言うには絶対に画像リークはない、なぜなら画像保存自体ができない、からだそう。画像保存できないスキャナーなんてちょっと信じられないですが。

米Gizmodoが直でアメリカ国土安全保障省に聞いてみました。

■TSAが現在使ってるスキャナーは?

TSA「我々は実に勢力的に新たな技術を追い求めており、広くリサーチ、テスト、開発されたものの中から選んでいる。使われる技術は探知のための基準に見合ったものでなければならない。TSAは研究所と実地検査で新たな技術をテストしている。各社が新たな技術を生み出せば、我々のテスト対象のリストに加わる。現在L-3RapiscanがTSAの高精度画像技術に見合った製品としてリストにあげられている。」

■ほんとに画像保存無理なのですか?

TSA「空港にあるマシンはどれも保存するキャパがない。保存だけでなくプリントも画像を置いておくことも不可能だ。画像を保存するためには、新しいソフトとハードを導入しないと無理だ。」

とのこと。画像保存できないスキャナー。ナンセンスに見えて、空港のセキュリティポイントでは安心な条件ですね。

そうこ(米版