子供に王蟲みたいと言わしめた、スケートボードのロボット的なもの(動画)

2010.11.29 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これはれっきとした乗り物!? 

Land Crawler eXtremeという名の12脚のロボといいますか、乗り物といいますか...? なかなか奇怪な形状をしておりますね。
 

このLand Crawler eXtremeは、日本のロボット制作者のVagabond Works によって制作されました。耐荷重は360キログラム、テオ・ヤンセン機構を使っていて、「加重移動で動く、セグウェイ的な乗り物」だそうです。

作者の息子さんが「ロボット乗りたいよ~」っとせがむようになったので作ったそうなのですが、「ロボットじゃない!頭と手がない!」と乗ってもらえず、そして「王蟲」と呼ばれるようになったそうです...。そして今では「部屋の隅っこで邪魔な置物」になっているとか。しかしながらこのロボ、海外の反応をみていると意外にも(?)なかなか評判が良さそうです。

一度は乗ってみたいですねー。


[Vagabond Works]
[Singularity Hub via PopSci]

mayumine(米版
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B000H4W1XS
コミニカ 「風の谷のナウシカ」王蟲(紅眼・可動)




 

特別企画

にっぽん再発見。落語家が語る、日本の文化とケータイの“意外”な関係

PR

ケータイ、再発見。 「業界のイノベーションはスマホに集中していいのか?」というシャープの自問から、全く新しいカタチのケータイが誕生しました。それが2月20日にauから発売されたシャープ製フィーチャー...
続きを読む»

・関連メディア