161km先の目標物を6分で破壊。米海軍の電磁兵器レールガンが33メガジュールの自己新達成(動画)

161km先の目標物を6分で破壊。米海軍の電磁兵器レールガンが33メガジュールの自己新達成(動画) 1

近い将来、米海軍の軍艦は発射体も使わなくなるようです。

代わって使うのが、この動画にある33メガジュールのレールガン(電磁投射砲)。161km先のターゲットまで破壊できるモンスターです。

レールガンは発射体に火をつけて飛ばすんじゃなく、電磁回路で非爆発性の弾丸を運動エネルギーの力だけで飛ばすので、通常兵器では到達不能な音速の何倍ものスピードが出ます。

10日報道陣を前に行われた新レールガンの実験で米海軍は、2008年の自己最高記録の3倍を上回る33メガジュールものエネルギー生成に成功しました。飛ばす時の速度はマッハ8

「使い古された言い方だが、これでゲームもガラリと変わるじゃろう」

と、Nevin P. Carr海軍少将は話していますよ。

現状、海軍のレールガンの到達範囲はわずか13マイル(21km弱)なのですが、新型レールガンでは33メガジュールものエネルギーを使って100マイル(161km)圏内のターゲットならなんでも6分以内に破壊が可能。パワー、スピードともに世界最強です。こーれは砲弾・巡航ミサイルなんかの通常兵器では得られない未曾有の戦術的アドバンテージかと。

どれぐらいの衝撃度か? と申しますと、1メガジュールは大体「時速100マイル(161km)で走る重量1トンの車に相当」します。...てことは時速161kmの1トンカーが33台飛んで出る感じ?  たまんたもんじゃないですよね!

 

海軍研究局(ONR)本開発事業マネジャーのRoger Ellisさんは、ゆくゆくはGPS採用の照準システムを使って200マイル(321km)先にある敵の車・建物まで到達できるようになるとし、「船から爆弾を除去すれば大きな安全・運搬上のメリットになる」と話していますよ。

もちろん艦内にはディーゼルエンジンや原子炉といったコンスタントなエネルギー源の確保も必要ですけどね。いやあ、海自が敬礼訓練アプリ作ってる間に戦争もまた一段とエコ、超速、破壊的になりましたね...。

[Fox News]関連:世界最強のレールガン:動画 | WIRED VISION

Jesus Diaz(原文/satomi)

 

※ご指摘ありがとうございます、記事修正しました!