一千光年をひとっとび! 3Dウォークスルー型プラネタリウムが六本木ヒルズに登場

一千光年をひとっとび! 3Dウォークスルー型プラネタリウムが六本木ヒルズに登場 1

3Dメガネなし立体です。

前代未聞、空前絶後の3D、しかも宇宙空間の中を歩けてしまうプラネタリウムを世に送り出したのは、プラネタリウム業界を震撼させた風雲児、大平貴之さん。レンズ投影式プラネタリウム個人製作したのを皮切りに、メガスター、投影星数2200万個のスーパーメガスター2を発表、プラネタリウムの表現力が段違いにあがり一大プラネタリウムブーム到来です。

 

一千光年をひとっとび! 3Dウォークスルー型プラネタリウムが六本木ヒルズに登場 2

そんな大平さんが手がけたのが星空の中を歩けるプラネタリウム。裸眼立体視に一体どんなハイテクを使っているのかと思いきや、意外な実現手法でビックリでした。真っ暗な中、立体的な星を見て宇宙に思いをはせるのはほんといいですね~。クリスマスデートに最適ですよ。

会期は2010年11月26日~2011年2月13日(日)まで。六本木ヒルズ展望台の入館料と合わせて大人1800円です。ご一緒に東京の夜景も楽しめます。

スカイ プラネタリウムスーパープラネタリウム「MEGASTAR(メガスター)」

(野間恒毅)