警察、銀行強盗のマスクそっくりの別人を逮捕!

警察、銀行強盗のマスクそっくりの別人を逮捕! 1
ホラー映画のセットに騙された警察に続き、ハリウッド仕様のマスクにコロッと騙された警察のニュース。

それは今年春のことです。白人のポーランド系移民がオハイオ州で立て続けに銀行強盗をやらかしたのですが、被っていた黒人のマスクがあまりにもリアルだったため、監視カメラ映像を見ても黒人なら目撃者証言も「黒人」。とうとうマスクそっくりの黒人男性が逮捕されちゃったのです!

犯人Conrad Zdzierakがマスクを発注したのは、例のリアル過ぎて怖いおっさんのマスクを作ったSPFXMasks。ここの「The Player」という若いアフリカ系アメリカ人男性のマスク&手について問い合わせ、発注しました。

「映画のプロデューサーの仕事で下調べ中なんだが」と言ってたのですが、なんのことはない、銀行強盗の下調べだったのですねえ。

 

Zdzierakはこれを被って大胆にあっちの銀行、こっちの銀行と飛び回り、警察も直ちに捜査に乗り出したまでは良かったのですが、たまたま顔がマスクに似ていた別人を逮捕してしまいます。

なんでも容疑者を並べて目撃者に見せたら、7人中6人までもが「犯人はこの黒人男性に間違いない」と言ったんだそうな...。しまいには完全に濡れ衣なんだけど、警察に監視カメラに残った犯人の写真を見せられた母親までもが「自分の息子に間違いない」と思い込んでしまったのです。どんだけ似てたんでしょうか!

失意の男性はそのまま刑務所に放りこまれてしまったのですが、Zdzierakの彼女がマスクと隠した金を発見し、警察に通報。無罪放免になったというわけですね。Zdzierakには先週、強盗6件の有罪判決が下りました。

SPFXMasksと言えば、こないだも中国人男性がSPFXMasksのマスクで白人のおじいちゃんになりすましてカナダに入国を謀ったばかりですよね。

Zdzierakの強盗事件をきっかけに警察の間では、南カリフォルニアで未逮捕のまま何ヶ月も暗躍している銀行強盗「Geezer Bandit(老人盗賊)」も実はそんなに老人じゃないんじゃあるまいか、という声も上がっており、新たな捜査の展開を見せていますよ。

SPFXMasksのマスクは600~1200ドル(5~10万円)もするんですけど、相次ぐ事件の影響で売れ行きは上々です。で、SPFXMasks社オーナーRusty Slusserさんは、

「当社のマスクがこれだけリアルだという事実は誇らしく思うが、こうしたマスクの使われ方は誇らしくもなんともない」

と話しています。ああ、僕も老人のマスク1個調達して早くご隠居したいな...。

[LAT]関連:GIGAZINE

Kyle VanHemert(原文/satomi)