妻のメール盗み見で浮気が発覚...も、不正アクセスで訴えられて懲役刑に!

妻のメール盗み見で浮気が発覚...も、不正アクセスで訴えられて懲役刑に! 1

家族のメールでも勝手に見たら逮捕される時代に!

ミシガン州在住のレオン・ウォーカーさんは、ある日、こっそりと妻のメールを盗み読みしていたところ、浮気を発見しちゃいました。しかもその浮気相手から妻が暴行を受けていることを知り、前夫との子どもの身の安全を考慮して、浮気の証拠メールを前夫に転送し、すぐさま子どもを守るために行動を起こすようにと勧めたところ、現在は不正アクセスを理由に5年の懲役刑を科されそうな流れになっていますよ。

勝手に妻のGmailのアカウントのパスワードを盗み出し、これまでメールのやり取りの一部始終をこっそりと読んでいたのは悪かったと思います。でも、妻は浮気相手から子どもの前で暴行を受けたりしてたんですよ。これはなんとか事態を知らせて助けなければって必死の思いに駆られました。いまでも自分のしたことをまったく後悔してはいません。

そう語ったレオンさんですけど、そもそも盗み見た上に他人にメールまで転送するのはどうよって話でもありそうですが、たとえ家族のメールであっても勝手にパスワードを入手して読んだりすると不正アクセスなどで刑罰を科すとの司法判断が下されることのほうに今回の事件の大きな意義があるようですね。えっ、恋人の携帯電話なんて、いつもこっそりとチェック済みよってあなたは、もしかすると気をつけたほうがいいのかもよ...

Freep

Gary Cutlack(米版/湯木進悟)