不注意で銃が飛行機に持ち込まれた事故が明るみに...でも恐ろしいことにこんなケースは珍しくないらしい

不注意で銃が飛行機に持ち込まれた事故が明るみに...でも恐ろしいことにこんなケースは珍しくないらしい 1

なんと、うっかり40口径の銃が飛行機に積まれてしまったという事件がアメリカで起こりました。

この荷物の持ち主の男性は自分が銃を持ってることはすっかり忘れたまま出国、アメリカ運輸保安庁(TSA)のスキャン検査もパスしてしまったのです。

アメリカ・ヒューストンのビジネスマンのFarid Seifさんは、普段から自己防衛のために銃を持ち歩いているそうですが、うっかりコンピューターバッグに銃を入れたまま飛行機に搭乗してしまいました。

しかもフライトの途中まで気づいていなかったとか...。

着陸してすぐに、彼は速攻報告され、そして何事も無く検査をパスしたことが明らかにされ、波紋を呼んだのでした。

こんな事件が起こる事自体、かなり不安させられるのですが、当局がABCニュースに伝えた所によると、実際のところはこのようなケースは珍しい事ではないのだとか...。

 専門家によると、9・11事件以降は毎年飛行機の安全のためにアメリカの連邦緊急事態管理庁によって、ランダムにわざと擬似爆弾などを持ち込んだり等の秘密検査を行っているそうです。

しかしとある人物が、最近の秘密検査結果をABCニュースに伝えたところによると、いくつかのメジャーな空港では約70%の失敗率だとか。

さらに2週間前、TSAの新しいディレクターによると、秘密検査として持ち込んだ擬似銃や擬似爆弾、ナイフは、いくつかの空港の検査でスルーされてしまったそうです。

全身スキャン検査など、面倒で厳しいわりにはザルなTSAの検査...。

こんな話を聞いてしまうと、アメリカを経由する飛行機に乗るのがちょっと躊躇われちゃいますね。

[ABC via The Consumerist]

Casey Chan(原文/mayumine)