ブルーレイの100倍容量、必要電力100分の1、読み書き速度10倍のディスクを可能にする分子が奈良で開発された! 

ブルーレイの100倍容量、必要電力100分の1、読み書き速度10倍のディスクを可能にする分子が奈良で開発された!  1

奈良先端科学技術大学院大河合壮教授らが、わずかな光で色が変わる「光センサー分子」を開発しました。なんと、この分子を用いれば現在のブルーレイ100倍以上の記録が可能なディスクを開発できるとのこと。

ブルーレイなど、従来の記録用ディスクはレーザーの熱で分子を変化させて情報を記録する仕組みでしたが、今回開発された「光センサー分子は」熱ではなく光に反応します。そのため効率が良く、必要電力は100分の1以下、読み書きの速さも10倍以上になるそうです。

すげー。ブルーレイの100倍以上の記録容量もったディスクとか...もし本当に開発されたら皆さんは何に使いますか? デカすぎて僕にはどう使えば良いのか想像出来ませんでした...。

さらにこの「光センサー分子」は記録用ディスクに利用するだけではなく、「光でくっつく接着剤」や「高密度半導体」の製造などにも応用できるとのこと。

ハイテク日本、超絶クールっすね。

ブルーレイ100倍の記録可能に 光で色変わる分子開発 target="_blank"[asahi.com(朝日新聞社)]

[ブルーレイディスク 節約 応援商品]

(鉄太郎)