4月から離陸前と着陸後の航空機内で携帯電話の使用が可能に!

4月から離陸前と着陸後の航空機内で携帯電話の使用が可能に! 1

ギズでも東京の地下鉄内で携帯の電波状況を改善する動きを紹介しましたが、お次は航空機内のようです。

離陸前の航空機内で待っていると、「航空機の機器に影響を与える恐れがあるため、機内では携帯電話の電源を切ってください。」というようなアナウンスが流れますよね。そんな感じで、これまでは機内で電波を発する機器の使用は基本NGでした。

今回、4月から離陸前と着陸後に限定して、航空機内で携帯電話での通話やメールの送受信を可能にすると国土交通省から発表がありました。本件はJALやANAといった日本の航空会社だけでなく、国内に乗り入れる海外の航空会社でも適用されるそうです。

これまで禁止されていたことが解禁される背景として、国土交通省から委託された独立法人の調査で、航空機が止まっている間であれば、携帯電話等の電波で機器に影響がないことが確認できたからだそうです。

では、どこまでが離陸前で、どこからが着陸後になるのか...が気になるところですよね。以下のようになるようです。

離陸前:

航空機に搭乗してからドアが閉まるまでの間

着陸後:

ドアが開いてから航空機を降りるまでの間

上記を補足すると、航空機のドアが閉まっている間については、これまでと同じように電波を発する機器の使用はNGということになります。

ちなみに、欧州では今回、日本で適用されるようなルールが既に整備されていたり、米国では、航空会社の判断で離陸前と着陸後のみ利用できるようにしているところもあったようです。国土交通省の発表では、通話も可能になるとなっていますが、日本の航空各社のコメントによると、通話可能と明言はしておらず、方針が決まっていなかったり、慎重に検討中というような状況だそうです。

現在の鉄道などの交通機関の現状を考えると、通話までOKになるというのは少しハードルが高いような感じがしますけど、離陸前と着陸後にメールやデータ通信ができるようになるというだけでも、非常に助かりますよね。

飛行機によく乗る人は、今から4月が待ち遠しいですね!

機内で携帯やメール、離陸前ならOK 4月から国内空港[朝日新聞]

Photo by Casey Serin

(KENTA)