サムスンの新Androidフォン・Infuse 4Gにやられました

サムスンの新Androidフォン・Infuse 4Gにやられました 1

うわっ! と思いました。

新しい電話に触っても、これほどびっくりすることはめったにありません。でも、サムスンInfuse 4Gにはあっと言わされるものがありました。バカみたいに素晴らしい4.5インチスクリーン

1.2GHzのプロセッサー。そしてAT&Tの4G。なんで、なんでこれが新しいNexusフォンじゃないんでしょうか?

持ってみて感じるのは、「これこそクオリティだ」ってことです。サムスンの電話としてはここ数年で初めて、チープ感がありません。どのGalaxyフォンより、Nexus Sより、感触が格別に良いです。プラスチックは密でマットに仕上げられていて、背面にもきちんと質感が与えられています。また電話自体もほぼ完ぺきに作られていて、十分に薄いし(AT&Tでは最薄)、4.5インチスクリーンによってさらに薄く感じられるほどです。これこそハイエンドな電話の感触です。

スペックも見てみましょう。1.2GHzプロセッサーはAndroidフォンで最速です。スクリーンは名前がSuper AMOLED Plusと、もう何番目のバージョンかわからないストリートファイター2を彷彿とさせて若干こそばゆいです。でもたしかにその名の通り、サムスンのSuper AMOLEDディスプレイ(こっちでも十分なんですが)よりも明らかに良いです。というのは、各ピクセルにより多くのサブピクセルを詰め込んでるので、絶対的に見やすくなりました。

またInfuse 4GはAT&Tの最初の「4G」フォンでもあります。ちょっとわかりにくいんですが、T-Mobileの4Gと同じことで、AT&TのHSPA+ネットワーク上で動くのであって、LTEネットワーク上ではないです。

で、欠点はないのかというと、バッテリーライフは若干心配です。また、Androidの派生バージョンの上でサムスンのTouchWiz UIを動かしています。Android 2.3のクリーンビルドであれば、キラーになると思います。でも、いずれにせよある意味キラーになるのかもしれません。Infuse 4Gは、今後のAndroidフォンの新たな基準となることでしょう。

100106_infuse4gg1100106_infuse4gg2100106_infuse4gg3

サムスンの新Androidフォン・Infuse 4Gにやられました 2

サムスンの新Androidフォン・Infuse 4Gにやられました 3

matt buchanan(原文/miho)