もはや本物と見分けがつかない偽ATM。巧妙化するサイバー犯罪

もはや本物と見分けがつかない偽ATM。巧妙化するサイバー犯罪 1

一見ふつうのATM。銀行のビル内に設置されてるし、変なスキマー(カード磁気情報読取機)にも見えないし、暗証番号入力の時は隠しカメラが取り付けられてた場合に備えて手もちゃんと隠してるし、まあ、万全ですよ、ははは。

...と思いきや。

今どきのクレジットカード情報・個人認証ID泥棒は、ATMのキーボード上に本物そっくりの偽キーボードを被せて入力情報をくすねてるらしく、もはや専門家でもない限り見分けつかないんだそうですよ!

利用者は普通にATMが操作できるんですけど、偽の磁気ストリップリーダー ―MP3プレーヤーやら携帯電話やらの機器から調達したスペアの電子部品が詰まったカスタムメードのプラスティックケース― がついていて、そこからリアルタイムで暗証番号が盗られちゃうので、カード使い終わって角を曲がる頃には口座のお金もドロンパー、というわけ。

たまんないですよね。

 

もはや本物と見分けがつかない偽ATM。巧妙化するサイバー犯罪 2
偽ATMキーボードの背面。トップ左にMP3プレーヤー部品で作ったカード読み取り機が...

110105ATM_crime_tech_a110105ATM_crime_tech_c110105ATM_crime_tech_d110105ATM_crime_tech_e110105ATM_crime_tech_f110105ATM_crime_tech_g110105ATM_crime_tech_h110105ATM_crime_tech_i110105ATM_crime_tech_j110105ATM_crime_tech_k110105ATM_crime_tech_l

どうりで米国はATM犯罪が増えてるわけだ...。欧州はチップ&暗証番号技術が進んでいるのでそんな簡単には盗めないんです。アメリカでも一部銀行が同じ技術の導入に乗り出しましたが、普及が行き届くまではカード使用時には念には念を入れましょう。念の入れようもないのだけれど。

まあ、丸ごと偽ATM設置するのに比べたらまだマシでしょうか...。中国の中古ATMなんて「お金をおろそうとATMにキャッシュカードを入れると、キャッシュカードは飲み込まれたまま、二度とは出てこないようになっている」そうですしね...ったく、ATMの首に縄かけておまわりさん呼ぶしかないですよね!

[Krebs On Security, Spiegel]

Jesus Diaz(原文/satomi)