アップルとツイッター、偽ジョブズ@CeoSteveJobsに改名要求

アップルとツイッター、偽ジョブズ@CeoSteveJobsに改名要求 1
「今度のiPhoneアップデートにはオートコレクトもあるよ。
例えば「Android」と打ち込むと「痔」に自動校正されるのだ」

毎度愉快なつぶやきでフォロワーをエンドレスに楽しませている偽ジョブズこと@CeoSteveJobsさんの元に、アップルからツイッター社を通して「パロディーとわかるよう改名するかアカウント停止して」という要求が届き、「パロディーとわからん奴がいるんかい!」とファンを残念がらせています。

スティーブ・ジョブズのなりすましユーザーは数あれど、@CeoSteveJobsさんの楽しさはピカいち! 著名人パロディーでもトップクラスの人気を誇るアカウントで、アップルの「革命」的製品が出る度になんか面白いこと言ってRTがボコボコボコッと山のようについています。

プロフィールに「パロディー」と書いてるので間違えようもない気がしますが、RT繰り返すとプロフィール見ない人もいるしね...。昨夏英国第2の新聞デイリーメールが「iPhone 4はリコールしなきゃな」という偽発言を本物ジョブズの発言と勘違いして大見出しを打つハプニングもあったり、紛らわしかったのも事実です。

アメリカでは著名人なりすましが最近違法化されましたが、ツイッターではその前からパロディーにはパロディーとわかるようアカウント名に「Fake」とか「Not」とか入れなきゃダメ、という利用規約があります。

@CeoSteveJobsさんは警告文をTechCrunchに転送し、「FakeSteveJobeとか、いい名前はみんなもう取られてる」とこぼしてますが、ここは@CEOFakeSteveJobsとか@NotCEOSteveJobsとか、なんか新しい名前で再出発になりそうですね。

読者さんの間からは「Verified Account(本人認証)のバッジがあるんだから、パロディーのバッジも用意すりゃいいんじゃないの?」という声も出てます。それイイですよね!

[@CeoSteveJobs via TechCrunch]

Kat Hannaford(原文/satomi)