iPhone vs Androidで対抗意識メラメラになりやすいのはなぜ?

101231smartphone1.jpg

まぁ、まぁ、そんなに熱くならずに落ち着きましょうよ...

特に海外ではスマートフォンもプラットフォームごとに豊富なチョイスで選べる時代になってきたようですけど、なんとなく各陣営によってユーザーのカラーが異なってくるように思えたりしませんか? たとえば、iPhone派とAndroid派では、微妙に立ち位置が異なってきてるような感じでしょうか。なかなか互いに相容れず、ヒートアップしちゃうことも多かったり?

そんな素朴な疑問を、とってもユニークなイラストで表現しちゃった強者が現われましたよ! ちょっと日本国内とは状況も変わってくるかもしれませんけど、わりと的をついてたりしてね~

 

110121smartphone1.jpg

iPhoneユーザーは、どことなく気取ったイメージに映っていたりもするんでしょうかね? アタシは洒落た最先端の流行にもついてってるのよ~ん。そんな風を吹かせたい願望からiPhoneに飛びついちゃうなんてケースもあるのかもしれませんけど、この流れを外から眺めてる人の中には、あれはジョブズのアップルに踊らされてるだけだよってつぶやいてる人も少なくなかったりしてね...

110121smartphone2.jpg

一方のAndroidユーザーは、なんとなくギークなテクノロジー通を気取ってるイメージが強かったりするのかも? で、iPhoneユーザーからは、あんまりデザインとか洗練度合い的には、ちょっとまだイケてないのよねって見られてたり? なんだかこの両者の間の溝は、今後もなかなか埋まらないのかもしれませんよね。

110121smartphone3.jpg

でもって、そんなiPhoneやAndroidのユーザーを、ビジネスもバリバリ派のBlackBerry陣営は、フンフンって見下ろそうとしている感じでしょうか? これまた深い深い溝があったりするのかもしれません。Windows Phoneなんかも、わりとこの位置づけに近かったりしてね...

C-Section

Jesus Diaz(米版/湯木進悟)