音のカタマリを浴びれる超弩級ヘッドホン「MDR-XB1000」

音のカタマリを浴びれる超弩級ヘッドホン「MDR-XB1000」 1

ハウスもHiphopもコレで楽しみたい!

ゴリゴリと押しの強い低音再生が得意なソニーのエクストラベースシリーズに、とびっきりのハイエンドモデルが登場します。その名も「MDR-XB1000」。ふっかふかのキングサイズイヤークッションに収まるのは、ヘッドフォン史上最大となる70mm径のドライバーユニット。普通のスピーカーに使われているユニットが80mm前後であることを考えるとなんたる暴挙! いいぞもっとやれ!

ただただブーミーなのではなく、低域音階をしっかりと表現できるヘッドホンで聴くと、軽く感じた曲も重量感のあるリッチサウンドに大変身します。んで、旧トップモデルMDR-XB700の再生周波数帯域も3~28000Hzと立派ものでしたが、MDR-XB1000はさらに2~30000Hzとワイドレンジ化。また高磁力ネオジウムマグネットを使い、中高音にも磨きをかけているようです。

ところでMDR-XB700で聞くアコースティックサウンドはときおり「こう鳴るか!」と笑いが漏れるものの、トータルでは魅力的な音を聞かせてくれました。そこからさらに再生能力と品質をアップさせてきたであろうMDR-XB1000は押しの強さ繊細さを兼ね備えたモデルになっているハズ。

たぶんフロアスピーカーの真ん前で聞いたときの質量を持ち身体に浸透する低域と、リスニングポジションで聞いたときの音場感が両立しているのでは、と想像しちゃいました。BT(ブライアン・トランソー)の曲と合うだろうなあ...。聞いてみたい!

MDR-XB1000[ソニー]

(武者良太)