「低燃費の飛行機の設計をしてほしい」NASAの要求に対して、ロッキード、ノースロップ・グラマン、ボーイングが出した三社三様の答え。

「低燃費の飛行機の設計をしてほしい」NASAの要求に対して、ロッキード、ノースロップ・グラマン、ボーイングが出した三社三様の答え。 1

昨年、NASAロッキード・マーチン社、ノースロップ・グラマン社、ボーイング社に対して、こんな依頼を行いました。

「2025年の運航に向けて、静かで低燃費のパーフェクトな飛行機を設計して欲しい。」

NASAが要求したのは、以下の通りです。

速度は音速の85%であること。(およそ時速1040km)

飛行距離7000マイルをカバーすること。(およそ1万1000km)

旅客と貨物合わせて、積載可能重量を5万ー10万ポンドにすること。(およそ23−46t)

そこで出来上がってきたのがこちらのイメージです。

top画像はロッキード社のもの。そして下の画像がノースロップ・グラマン社。

「低燃費の飛行機の設計をしてほしい」NASAの要求に対して、ロッキード、ノースロップ・グラマン、ボーイングが出した三社三様の答え。 2

それからボーイング社のもの。

「低燃費の飛行機の設計をしてほしい」NASAの要求に対して、ロッキード、ノースロップ・グラマン、ボーイングが出した三社三様の答え。 3

おなじ課題に対して、どのようにアプローチしているかが異なっていて非常に面白いです。それにしても、2025年には一体どんな飛行機が飛んでいるんでしょうね。この中のどれかに近いのか、それとも全然違った別の形があるのか。楽しみです!

[NASA]

Jesus Diaz(原文/mio)