どこまで迫れるか? あのPalmのwebOS搭載の新タブレットに魅力の2デザイン

どこまで迫れるか? あのPalmのwebOS搭載の新タブレットに魅力の2デザイン 1

タブレット戦国時代が始まります...

来月9日に「Something big, Something small, Something beyond」というテーマで大発表が予定されているHPからリリースの新タブレットに早くもリーク情報が伝わっていますよ。生まれ変わったPalmのwebOSと対応キラーアプリ次第では、iPadとAndroidの戦いにフレッシュなタブレット旋風を巻き起こしてくれるダークホース的な存在も期待できそうです。

まずは気になるタブレットサイズですけど、9インチモデルの「Topaz」と7インチモデルの「Opal」のダブル発売が決定! ホームボタンなどは搭載されないインターフェースで、フロントカメラ、デュアルスピーカー、micro USBポートの装備が明らかになっていますよ。1.2GHzの高速プロセッサー搭載で非常にサクサクとした動きが好印象なんだとか。

7インチサイズではFlashも軽快に動作すると好評の「BlackBerry PlayBook」なんかも飛び出してきますし、かなりタブレット市場にも豊富な選択肢がそろってきますね。まずはTopazから販売が開始されるようですが、価格とwebOSの完成度に大いに期待してみたいと思います~

Engadget

Brian Barrett(米版/湯木進悟)