これぞ芸術だ! 2万5000個のピンポン球でお洒落デザインされたオフィスの隠れ家...

これぞ芸術だ! 2万5000個のピンポン球でお洒落デザインされたオフィスの隠れ家... 1

1度はこんなオフィスで働いてみたい!

ニューヨークはブルックリンのSnarkitectureで建築デザインを手がけるダニエルさんは、自ら勤務先のロフトスペースに超カッコイイ安らぎの空間を作り上げちゃいましたよ~

これぞ芸術だ! 2万5000個のピンポン球でお洒落デザインされたオフィスの隠れ家... 2

従業員専用トイレの奥に隠されたハシゴを上がっていくと、途端にこんな洒落たリラックスルームが現われるというコンセプトで、しかも壁面にビッシリと敷き詰められたのは、なななんと2万5000個ものピンポン球ですよ。どの色のピンポン球を配置していくかで、部屋の雰囲気もガラリと変わってきそうですよね。

日々の大忙しの仕事の合間に、ササッとオフィスを抜け出し、こんな隠れ家スペースで休憩タイムだなんて、本当にうらやましい限りでございます。きっと爽やかにリフレッシュされることで、さらなる素晴らしいアイディアもひらめいてくるんでしょうね...

Snarkitecture via Fast Co Design

Rosa Golijan(米版/湯木進悟)