これが中国初のステルス戦闘機の姿!?

これが中国初のステルス戦闘機の姿!? 1

これは!

もしかして中国初のステルス戦闘機「成都J-20」では!?

ふむ、ロシアの艦載機「スホイー33」のコピー、中国製の「戦闘機・殲15(J-15)」とは違う戦闘機のようですね。

そしてやはり...、アメリカのステルス戦闘機のコピーだと言われているようです。

 

全長約21メートル、約14514キログラムのロシアの「117S」エンジンを積んでいると思われます。

アメリカのF-22戦闘機に少し似ていますが、F-22よりは大きそうです。

これはおそらく機敏さには欠けるけれども、より多くの燃料と武器が積めるということでしょう。

中国の軍需産業は、すでに戦闘機を独自で開発・生産できるところまで来ています。

[Aviation Week]

Jesus Diaz(原文/mayumine)