ニコチンで脳細胞が蘇る!? アルツハイマー病などの予防、治療法開発へ繋がる可能性。

2011.01.11 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

101230nikochin.jpgニコチンアルツハイマー病が治る!? 

タバコの葉に含まれる「ニコチン」に、脳神経細胞再生を促す効果があることが、金大医薬保健研究域薬学系米田幸雄教授らによって確認されました。ネズミの脳細胞にニコチンを加えたところ、神経細胞が増加したそうです。もしこれを人間に適用できれば、アルツハイマー病や脳卒中後遺症、パーキンソン病などの予防、治療法開発に繋がるかもしれません。

研究チームはマウスとラットの胎児の脳から神経幹細胞を取り出し、ニコチンを加え培養。するとラットは神経細胞の割合が25%から40%に増え 、マウスでも同程度の結果が得られたそうです。

一方、人間の病気予防や治療への活用に向けては、ニコチンの有毒性などの課題が残されています。また喫煙によるニコチン摂取に関してはデメリットの方がはるかに大きいとのこと。

米田教授は

「まさに『毒をもって毒を制す』で、有害な物質でもうまく使えば病 気予防や治療に役立つ可能性がある。企業と連携して研究を進めたい」

と、おっしゃっています。研究の進展に期待です! 

有害物質であるニコチンで脳細胞が再生するとか...驚きですね。


脳内の神経細胞、ニコチンで再生 金大・米田教授ら確認[北國・富山新聞]
smoke-600-4[Photoshop Vip]

(鉄太郎)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B001KKWA1Q
ニコレット クールミント 96錠




 

B003AM2MCO
NEW電子タバコ(コンセント式)☆カートリッジ7個つき 取説・保証書付




 

・関連メディア