岡山大、夜でも充電可能な次世代太陽電池を開発中! 

110105Sun.jpg

夜でも発電できる光発電装置!? 

岡山大大学院自然科学研究科池田直教授らは、夜間でも充電可能な太陽電池を開発しているそうです。

違いは材料。従来の光発電装置にはシリコン材料が用いられていましたが、太陽からの可視光によってでしか発電できないうえ、高価であるといった欠点がありました。現在、池田教授らが開発を進めている光発電装置の材料は「酸化鉄化合物」。可視光だけでなく赤外線にも反応するため、従来の100〜1000倍の光吸収率を実現し、夜間における発電も可能にします。しかも酸化鉄化合物は安価なので大幅な製造コストの低減も見込めちゃうそうですよ。

さらに面白いのは、酸化鉄化合物の「薄く延ばせる」といった特性を活かすことで、住宅の外壁や屋根、人工の街路樹などに「塗る」光発電装置を実現出来る可能性もあるそうです。

いつでもどこでも発電出来ちゃう未来が近い!? 

"夢の太陽電池"開発へ [山陽新聞地域ニュース]

The Sun.jpg [Wikipedia]

(鉄太郎)