誘拐の通報に機動隊出動! でも、実は...

誘拐の通報に機動隊出動! でも、実は... 1
ええっ!? そんなこと本当にあるの?

でも、嘘のような本当の話なんです。ある日、イリノイ州オハイオに住む女性から夫が誘拐されたとの110番通報がありました。電話を受けた警察はすぐに30人特別機動隊をこの女性の夫の職場である中学校に配備。防弾チョッキ、マシンガン、その他の武器も用意されました。上空には、人質救出の瞬間を撮影しようと待ち構える取材ヘリ旋回し、辺りは一時騒然となりました。

ところが、その頃その夫は誘拐どころか、のんびり車窓の風景を眺めながら自分の車を運転中。ラップ音楽を車内に響かせ、口ずさみながら。ズボンのポケットに入れた携帯が、知らぬ間に奥さん宛に発信していたとも知らずに。夫からの無言の電話、背後にはこもったような「ギャングが聴くような音楽」...。電話を受けた妻は、夫は誘拐されたに違いない! と信じ、あわてて警察に通報してしまったのです。

勘違いの通報だと知った時、みんなはどんな反応だったんでしょう?? 

[Chicago Tribune via Pat's Papers via Mediate]

Kat Hannaford( 原文/ yuko)