ロマンティックなラテン人がプロポーズを考えると、こうなる(動画)

フライトアテンダントのベラ・シルバさん。事件はリスボン発バルセロナ便で、彼女がいつも通り業務をこなしている最中に起こりました。

機内放送で自分の名前が呼ばれたので、何かと思ってみてみると、そこでは彼女の恋人ジョアオさんが。ジョアオさんはそのまま、「愛している。結婚してくれないか?」とプロポーズ。驚いた乗客の注目をあびて、ベラさんは、恥ずかしがりながらも、もう一方のマイクを使って「はい」と返事。その瞬間、乗客からは祝福の拍手が起こりました。

ベラさんは「トイレに隠れてしまいたい位、恥ずかしかったわ。」とはちきれそうな笑顔でコメント。機長さんは、「こんなこと35年間で初めてだよ。」とコメントしてます。

いやぁー。さすがラテン系。日本人には真似できないプロポーズです。

おふたりとも、末永くお幸せに。

[Telegraph]

Kyle VanHemert(米版/mio)