アンティーク調の箱を、ソーダのアルミ缶で作っちゃった!(作り方詳細動画あり)

アンティーク調の箱をアルミ缶で作りたい読者様! 動画を見ながら、さっそく作りましょう!

1. 中身が入っている500mlのアルミ缶を用意します。

2. 側面の塗料を紙やすりでやすります。(この時熱くなるので、中身が入っているほうが良い!)

3. 中身を飲みます。

4. 缶の上面を切り離し、垂直に下にむかって切り、さらに缶の底面も切り離します。(切り口は非常にするどいので注意!)

5. 上面と底面を切り離した時に上手くいってなかった所を切り直し、固くて平らな物にテープで貼付け、アルミ板を平らにします。

6. 真ん中に2×2インチ(約5×5cm)の正方形を描き、その線を延長します。また最初に描いた正方形の外側に3×3インチ(約7.6×7.6cm)の正方形を、さらに外側にそれよりもちょっと大きい正方形を描いてください。(動画の中に分かりやすい図がでてきますので、それを参考にしてください。)

7.ペンをつかってデザインをかきます。

8.デザインし終わったら、今度は裏返して、描いた線を縁取ります。それからもう一度裏返し、一番最初に描いた線をなぞります。ちょっと面倒ですが、そうすることで柄がシャープになります。

9.余計な部分を切り落とし、組み立てます。(組み立て方は動画が分かりやすいです。)

10.同様に一回り大きいものを作ると、出来上がりー。

ちょっと作業量は多いですけど、綺麗ですよね。

ただビールのロング缶で作ると、頑張って作った箱がビールくさくなってしまうかも、なので注意が必要です!

[Atomic Shrimp via Core77]

Brian Barrett (米版/mio)