チューチューチュー、地雷だチュー! 爆発物処理や麻薬の密輸発見にネズミが大活躍(動画)

小さいけれどシッカリ者なんです!

危険な地雷原を進み、地中に埋まる地雷を探知して除去する作業は非常に困難を極めるそうですが、最近ではネズミが大活躍していますよ。予想外に成果が上がっているので、他にも麻薬の探知や災害発生現場での生存者探索などなど、さらなる活躍の場が広がっていくプロジェクトも進行中みたいですね。

NGOのAPOPOは、生後4週のアフリカオニネズミを9か月ほど訓練しては、TNT火薬を嗅ぎ分けられるように育て上げ、モザンビークやタンザニアへと派遣。人間が1日がかりで作業しなければいけないエリアを、わずか2時間で作業完了できる素早さで、着々と仕事をこなしていってるそうですよ。たとえ地雷の埋まる真上を通ってしまったとしても、体重が軽いので無害なため、犬よりも任務に適しているんだとか。

ご褒美のバナナさえあげていれば、どんどんと喜んで作業に励んでくれるとのことです。そのうち空港のセキュリティーチェックに活躍するネズミまで現われちゃったりしてね...

Telegraph via Atlantic

Kyle VanHemert(米版/湯木進悟)