タコベルのビーフは「ビーフ36%」と集団訴訟。じゃあ残り64%は何!?

タコベルのビーフは「ビーフ36%」と集団訴訟。じゃあ残り64%は何!? 1

「3分の1ぐらいしかビーフでないものをビーフとして売るのは虚偽広告だ」として、アラバマの法律事務所が大手ファーストフードチェーン「タコベル(Taco Bell)」(本社・カリフォルニア州)を集団提訴しました。

タコベルはタコス専門店で、アメリカではマクドナルドに次ぐぐらいの人気店なので、ニュースでも大きく取り上げられています。

気になるのはビーフ以外の中身...ですよね? さっそくギズが業務用容器の食品成分のラベルを検分してみました。

牛肉、水、分離したオーツ麦、塩、チリ・ペパー、オニオンパウダー、トマトパウダー、オーツ麦(麦類)、大豆レシチン、砂糖、スパイス、マルトデキストリン(グルコーズとして吸収する多糖類)、大豆オイル(ゴミよけ剤)、ガーリックパウダー、自己消化酵母エキス、クエン酸、カラメル色素、ココアパウダー、二酸化ケイ素(凝固防止剤)、天然香味料、イースト、加工コーンスターチ、天然スモーク香味料、塩、リン酸ナトリウム、ビーフスープ2%未満、リン酸カリウム、乳酸塩カリウム

ふむ。こうして見るだけじゃ分かりませんけど、法律事務所が栄養学の専門家に分析してもらったら、なんと肉はたったの36%で、残り64%は食物繊維、添加物、調味料、着色料等々と判明したのです。

つまり全部混ぜて肉らしく見せた混入肉を容器に詰め、「taco meat filling(タコス肉の詰め物)」というラベルを貼り、タコベルの店に送って、そちらでビーフらしく見えるものに調理し、それをビーフと呼んで、ビーフと宣伝していた、というわけ。

「64%がビーフ以外のビーフ」は果たしてビーフと呼べるのか? 

 米農務省(USDA)はビーフとは即ち「家畜の肉」であり、牛挽き肉の定義はこうだと書いています。

刻んだ生肉・冷凍のビーフ。調味料はある場合もない場合もある。牛脂などの添加物は含まない。脂肪分は30%以下。添加水、リン酸塩、結合剤、増量剤も含んではならない。

う、ダメじゃん...。いけないもの沢山含んでる...。

これらのことから原告はタコベルに対し加工品を肉と偽るのはやめ、全販促資料に米農務省(USDA)の基準に従い、内容物を明記するよう要求。業務用容器は「taco meat filling(タコス肉の具)」と正しくラベル表示してるのだから、広告やパッケージもUSDAの定めに従い業務用と全く同じ表示にすべきだと主張しているんですね。その通りだと思いますよ。「タコスの肉の具」のCMじゃ食指動きませんけど...。

知る権利

タコベルの肉の具は調理前も調理後も見た目は挽き肉ですけど、食物繊維その他諸々を添加して嵩を増してる。だから、あんな1個99セントなんて安くできてたんですね...。

安いのは嬉しいけど、問題は100%牛肉と信じて買ってるお客様もいるかもしれないこと。だって見た目はビーフだし、ラベルにもビーフって書いてあるし、ビーフって宣伝してるんですから、普通ビーフって思いますよね! タコスもクローン肉とか遺伝子組換え野菜とかコーンシロップ入りの食品と同じように、食べる前に食べていいかどうか簡単に判断できるようにすべきかと。

因みにUSDAの基準では「taco meat filling(タコスの肉の具)」とラベル表示するには最低40%以上お肉が入ってなきゃダメなんですね。つまりタコベルは「ビーフ」はおろか、「タコスの肉の具」の基準にも満たないことに...。業務用の容器のラベルも「Almost Taco Meat Filling(タコスの肉の具未満)」と変えなきゃですね...。

タコベル反論!

以上の原稿公開後、タコベルから公式発表がありました。

集団訴訟に対するタコベルの見解

タコベルでは、みなさまがスーパーマーケットでお馴染みの信頼のブランドからビーフを仕入れています(例:Tyson Foods)。100%USDA検証済みのビーフからスタートし、弊社特製の調味料&スパイスを合わせてじっくり煮込み、タコベル自慢の味と歯ごたえを出しています。

私どもは当社のビーフの質に誇りを持っており、使った調味料とスパイスはすべて弊社サイトにて名前を明らかにしています。残念ながら本件担当弁護士らは、先に訴え、質問は後でする流儀の人で、彼らが 「事実」と言っているものは完全に事実無根です。弊社の食品について虚偽の発言をした件については法的手段も辞さない構えです。

Greg Creed

プレジデント兼最高コンセプト責任者

Taco Bell Corp

さらに「味付けビーフも88%はUSDAの検査を通った質の高いビーフであり、法律事務所の訴えは全くのデマ、事実無根だ。法廷で争う」ともうちょっと内容を強化した見解も今日発表しましたよ。デマならひどい話ですし、法廷で早いとこ白黒はっきりさせてもらいたいものですね!

マクドナルドのハッピーセットが半年腐らない怪現象意外な結末でしたけど、こちらはどちらに軍配あがりますやら...。

[WTOLAF Weekly]関連:米大手ファストフードチェーンタコベル、「ビーフが足りない」として訴えられる - スラッシュドット・ジャパン肉とは言えない肉(カルフォルニア人対Taco Bell)xeseaのブログ なぜタコベルは日本にない(または昔撤回)んですか? - Yahoo!知恵袋

Jesus Diaz、Rosa Golijan(原文1原文2原文3/satomi)