世界ワーストの渋滞国はどこ? 代わりに運転席に座って脱出させてくれるサービスが大人気...

世界ワーストの渋滞国はどこ? 代わりに運転席に座って脱出させてくれるサービスが大人気... 1

日本の渋滞なんてまだまだマシなほうなのか...

いきなり運転中に前が詰まってきて、そのまま車の流れが止まったかと思うと、もうウンともスンとも動かないっていう渋滞のドツボにはまっちゃうほど悲惨なことはないでしょうけど、そのまま10時間もノロノロしか進めずに渋滞から抜け出せなかったらどうしますか? 頼む、もう誰でもいいから運転を代わってくれって気持ちになりますよね?

そんな心の叫びに答えてくれるサービスが、中国の都市部で大人気なんですって。これはもうダメだって大渋滞に巻き込まれちゃったら、ケータイで現在位置を教えると、高速道路でも車の合間をすり抜けてオートバイの2人組が迎えに来てくれますよ。そのまま1人は自分の代わりに運転席に座って目的地まで車を届けてくれ、自分はバイクの後部座席で先に渋滞を脱出してどこへでも連れて行ってくれるんです!

日本円にして5000円近い現地では400元以上もする高めの利用料金の設定なんですけど、トンでもない超渋滞で知られる中国では必須のサービスになりつつあるんだとか。なんといっても、メキシコシティーと並んで、北京は世界ワーストの渋滞記録を持っており、100km以上の渋滞が何週間も解消されなかったりするそうですよ。ただ、この新サービスは北京のハイウェイでは禁止されているので大変です。当局は問題解決のために新車の登録台数を減らそうと必死のようですけどね...

Yahoo News

Kat Hannaford(米版/湯木進悟)