暗闇にライターで明かりをとるのは危険? 一気に燃え上がって大火事に!

枕元の明かりに...なんてやめておきましょう!

ポケットに入れておいた高級ライターで命拾いするなんてこともあるみたいですけど、トンだ大惨事を引き起こしちゃうこともあるので気をつけないといけませんね。米国オハイオ州のカレンさんの自宅で深夜に襲った悲劇は、たった1個のライターが引き金でした...

こっそり部屋でタバコを吸っていたカレンさんの息子は、ベッド脇にライターを置いて眠ったので、暗闇でテレビのリモコンを探そうと、電気をつけるのも面倒だから、ちょっと周囲を照らせればいいかなって軽い気持ちで、眠気まなこのままチャッとライターで火をつけた瞬間、一気にマットレスに燃え移り、そのままみるみるうちに炎が広がってしまいましたよ。

慌てて窓なんか開けちゃったものですから、最悪なことに、一気に部屋の中へ吹き込んだ風でドンドンと家中に燃え広がり、あっという間に全焼被害。ただほんの少しライターで明かりをとろうと思っただけだったのに...いまでも悔やまれてなりませんね。愛煙家の皆さま、くれぐれも火の取り扱いにはご用心を!

Fox8

Kyle VanHemert(米版/湯木進悟)