快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画)

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 1

みなさん、スキャナ使ってますか? 僕は使ってますよ。僕、保存するメモ帳とか文具王手帳とか使ってるんですが、書いたメモはスキャンしてEvernoteに保存してるんです。

今までは、部屋にある業務用のコピーFAX複合機のスキャナ機能を使って取り込んでいたんですが、スキャンしてPhotoshopで回転させて、PDFファイルに出力して、Evernoteに送り込んでいました。まあ、紙の書類がPDFになるのでいいんですが、なんせ面倒くさい! 

なもんで、ドキュメントスキャナが欲しいなと思っていたところ、PFUScanSnap S1100が発売されました。こりゃいいやということで、遅ればせながら手に入れて使ってみました。

まず驚いたのがその小ささ。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 2

重さ350g。片手でひょいと持てます。僕の汚い机の上においておいてもじゃまになりません。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 3

電源はありません。USBからのバスパワーで動きます。ケーブル1本でOKというところもグッときます。使い方もシンプル。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 4

本体にはブルーに光るボタンがひとつ。基本的な使い方は簡単。スキャンしたい用紙をセットして、ブルーのボタンを押すだけ。これだけです。

実際にやってみましょうか。

こんな感じです。簡単すぎます。両面自動スキャンやオートフィードはないんですが、この小ささとシンプルさで帳消しです。僕みたいに、手帳をスキャンしているような使い方ならば、十分です。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 5

スキャンをすると、ScanSnap Managerが起動。スキャンした書類のプレビューを表示します。とりあえず「読み取り終了」をクリックします。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 6

すると、スキャンしたファイルの処理をどうするか尋ねられます。Evernoteにアップロードすることはもちろん、Googleドキュメントに送ることも可能。もちろんハードディスクへの保存もOK。これまで僕が、手間ひまかけてやっていた作業が、あっという間に終わっちゃうんです。感動しましたよ、マジで。

ちなみに、僕はバイブルサイズのリフィルも使っています。これもスキャンしてみました。

スキャンするとですね、ScanSnap Managerが起動するんですが、

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 7

ちゃんと用紙サイズを自動的認識して、ジャストサイズにしてくれるんです。今までPhotoshopでトリミングとかしていた僕がバカだった...。なんて快適なんでしょう。

これで、手帳に書いたメモとか、もらった資料とかガシガシスキャンしてますよ。年末年始、スキャン三昧でした。なんでもっと早く入手しなかったのか。ちょっとだけ後悔しました。ちなみに、専用ケースもよくできてるんですよ。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 8

サイズはもちろんピッタリ。ケースを開くと、

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 9

S1100がおさまっています。実はこのケースに入れたまま使えるんです。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 10

トレイもちゃんと開けます。前面から給紙して、背面から排紙できるようになっています。しかも、隙間にはUSBケーブルを入れておくこともできます。

快適すぎてちょっと泣きそう、ScanSnap S1100使用レポート(動画) 11

側面にはUSBケーブルのための穴があいてます。ほんとにケースに入れたまま使えるんです。

自分で本をぶった切って電子書籍化するといった使い方では、両面自動スキャンやオートフィードがないので、やや辛いかもしれませんが、まったり書類をスキャンするのならば十分すぎます。これからドキュメントスキャナを買おうという人にはおすすめですよ。

ScanSnap S1100[PFU]

(三浦一紀)