世にも珍しい「石鹸ミイラ」

110105_soapman.jpg

この遺体は1800年に埋葬された「ソープマン」。

つまり石鹸ミイラです。

なんで石鹸状態でミイラになってるかって?

1875年に発見されるまでの間に、彼の脂肪組織が石鹸化したのだそうです。

にわかに信じられませんが、やはりとても珍しいケースなのだとか。米ワシントンDCにあるスミソニアン博物館によると、水とアルカリを含んだ土壌に埋葬され、たまたまその成分が棺に染みこみ、脂肪が石鹸化したと言います。

これが完全な石鹸だったとしても、これでは手は洗えませんよ。

この「ソープマン」、米ワシントンDCにあるスミソニアン博物館が所蔵していますが一般展示はされていません。

[Smithsonian via Neatorama]

Casey Chan(原文/mayumine)